組合の概要|新潟県魚沼市・南魚沼市の地域密着型金融機関 魚沼の塩沢信用組合(しおしん)

金融機関コード:2365

組合の概要CONCEPT

ごあいさつ  概要

ごあいさつ

CEO

 「あなたの信用組合のカラーは、何色ですか?」と聞かれたら、当組合の職員は声を揃えて「ジェントルブルー!」と答えてくれる。
 スカイブルーでもネイビーブルーでもない、それは何色なのか?
 一言でいうと「雪国文化」を象徴する色である。雪国文化は、譲り合いの精神。雪の中の一本道、すれ違うのも難しい、最初に気付いた方が、脇の雪を踏み固めて、よけて道を譲る。その際に、傘に積もった雪が相手にかからないように、そっと反対側へと傾ける。雪の一本道には、脇を踏み固めたところが、いくつも残る。この話は、だいぶ昔の話であり、さすがの雪国も、今は車社会となり、車を運転する上で、信号機の「黄色は止まれ」、本線に割り込みたい車を優先して入れてやる。歩行者を見たら徐行、間違っても歩行者に雪跳ねがかからないように気を付けて運転する。
 当組合ではその雪国文化を夏場も忘れないように、夏の制服ポロシャツに「ジェントルブルー」と命名し、役員も職員も全員が一色に染まる。
 都道府県ランキングで、地元がワーストであると、それだけで何か気分が悪い。人口の「転入・転出」で、「転出」ランクの上位に「新潟県」が入っていたが、先日、公表された都道府県ランキングで「新潟県」が何とベスト1位になった。
 厚生労働省は、医療費抑制に向けた「努力」を都道府県に競わせることで医療保険財政の健全化を図る取組を2018年に始めた。
 国民健康保険の運営主体が、市区町村から都道府県へ移管することに伴い交付金約500億円を今回算出した点数や加入者数に応じて振り分ける。
 生活習慣病予防のため40〜74歳を対象にする特定健診(メタボ健診)の実施率などをもとに算出した。その点数が、ダントツで「新潟県」が1位。
 当組合では、2014年から「健康いきいき定期預金」を発売、特定健診を受診した場合に店頭金利に0.1%上乗せ、1年後に健診結果が改善した場合最大で0.5%の上乗せ特典を付けて、数値改善を支援していた。
 直接の影響は無いかもしれないが、評価されたことは、やはりうれしい。
 地元を知り尽くした「雪国の信用組合」として、お客様の声に真摯に耳を傾け、若手と女性とベテランと全ての職員がお客様第一で仕事をしている。
 そんな「塩沢信用組合」を引続きご支援ください。

以 上
理事長 小野澤 一成

概要

設立年月日
昭和28年3月5日 設立
資本金
4億1,302万6,000円(平成30年3月31日現在)
主な業務の内容
A 預金業務
当座預金、普通預金、決済用預金、貯蓄預金、通知預金、定期預金、定期積金、納税準備預金、譲渡性預金 等

B 貸出業務
手形貸付、証書貸付、当座貸越(カードローン含む)、商業手形等の割引

C 内国為替業務
送金為替、代金取立 等

D 代理業務
 ・全国信用組合連合会・国民生活金融公庫・中小企業金融公庫・
    商工組合中央金庫・独立行政法人住宅金融支援機構・
    独立行政法人中小企業基盤整備機構・
    独立行政法人勤労者退職金共済機構等の代理貸付
 ・自動車損害賠償責任保険料収納及び保険金支払業務の代理
 ・地方公共団体の公金取扱業務

E 有価証券、貴金属その他の物品の保護預り

F 住宅ローンに関連する火災保険の窓販業務  
職員数
46人(平成30年4月1日現在)
役 員(2018.6.23現在)
理事長    小野澤 一成
常務理事   須藤 昇二
理事      高橋 清隆
業 容(2018.3.31現在)
預金積金 32,524百万円   
貸出金   16,421百万円 

南魚沼市WEB企業ガイドに掲載されました。こちらもご覧ください(南魚沼市ホームページへ)