組合の概要|新潟県魚沼市・南魚沼市の地域密着型金融機関 魚沼の塩沢信用組合(しおしん)

金融機関コード:2365

組合の概要CONCEPT

ごあいさつ  概要

ごあいさつ

CEO

 雪国にもようやく「春」が来ました。
 当組合も「新入職員」を迎える季節となりました。本当に良い季節だと実感しています。新人はいつの時代も“新しい風”を吹き込んでくれるかけがえのない存在です。組織の活性化には無くてはならない存在です。
 当組合の新人6人には、『貴方たちの仕事は、周りの先輩上司に迷惑をかけること、一年間は全て初めてのこと、周りの人に何でも聞くことが仕事です。』と話してあります。受入側の職員は、新人から聞かれて自分の手が止まることを嫌がりません。新人を育てる一員として誰もが率先して仕事を教えます。組織全体が“新しい風”を楽しんでいます。

 当組合では、2022年4月から成人年齢が「18歳」になり、未成年者保護から今までなら救われた年齢の「18歳と19歳」が悪徳商法等の被害に遭わないために、“若年新成人”を対象にした『金融出前授業』を実施することにしました。18歳になると地元では、自動車教習所に通い運転免許を取得し、やがて中古でも自家用車が必要になります。早い人は高校在学中に自動車学校に通います。まとまったお金が必要になります。その最初の段階で間違いのないお金の借り方や返し方を教える予定です。

 4月は可愛らしい新1年生が小学校に通い始めます。当組合では、20名の営業職員が一人一台の営業車で活動しています。日常的に地域内を巡回しながら、20人の職員が「20台」の営業車両で『子どもとお年寄りの“安全見守り機能”』を果たしています。

 マスクの下にはこんな素敵な笑顔がありますよと、少し大きめの笑顔の写真を『スマイルプレート』にしました。
 『スマイルプレート』は、スマホで撮った写真さえあれば、どなたでも簡単に作れる仕様になっています。自分もぜひ作ってみたいというご希望のお客様は、当組合の本支店窓口までお問い合わせください。
 組合員の皆様には、当組合の活動にご理解とご協力を賜り、引続きのご愛顧とご支援を宜しくお願い申し上げます。

以 上


理事長 小野澤 一成


概要

設立年月日
昭和28年3月5日 設立
資本金
3億9千9百万円(令和4年3月31日現在)
主な業務の内容
A 預金業務
当座預金、普通預金、決済用預金、貯蓄預金、通知預金、定期預金、定期積金、納税準備預金、譲渡性預金 等

B 貸出業務
手形貸付、証書貸付、当座貸越(カードローン含む)、商業手形等の割引

C 内国為替業務
送金為替、代金取立 等

D 代理業務
 ・全国信用組合連合会・国民生活金融公庫・中小企業金融公庫・
    商工組合中央金庫・独立行政法人住宅金融支援機構・
    独立行政法人中小企業基盤整備機構・
    独立行政法人勤労者退職金共済機構等の代理貸付
 ・自動車損害賠償責任保険料収納及び保険金支払業務の代理
 ・地方公共団体の公金取扱業務

E 有価証券、貴金属その他の物品の保護預り

F 住宅ローンに関連する火災保険の窓販業務  
職員数
52人(令和4年4月1日現在)
役 員(2022.3.31現在)
理事長    小野澤 一成
常務理事   須藤 昇二
理事      高橋 清隆
業 容(2022.3.31現在)
預金積金 37,349百万円
貸出金   20,576百万円 

南魚沼市WEB企業ガイドに掲載されました。こちらもご覧ください(南魚沼市ホームページへ)

ページ上部へ↑